じぶんの体質を知りましょう!

 

ひとには、それぞれ、体質と呼ばれる個性があります。
それは、生まれ持ったものであって一生のあいだ、そのひとを支える能力や特殊性です。
アーユルヴェーダでは、体質は3つのエネルギーのバランスでみていきます。
それは、ヴァータ、ピッタ、カパと呼ばれており、それぞれにつぎのような性質があります。
ヴァータは、風を連想させるエネルギーで、よく動く、変化する、軽い、乾いている、冷たいなどの性質を持ちます。
ピッタは、火を連想させるエネルギーで、熱い、鋭い、やわらかい、流れる、辛いなどの性質を持ちます。
カパは、水を連想させるエネルギーで、冷たい、重い、油っぽい、ねばねばしている、遅い、湿っているなどの性質をもっています。

 

すべてのひとは、この3つのエネルギーをもっていますが、そのバランスのちがいが個人の体質になっていきます。
たとえば、風を連想させるヴァータのエネルギーが強い、ヴァータタイプのひとは、見た目は細い人が多くて、活発に動いてよくしゃべり、明るく活発になります。
しかし、からだが冷えやすく、疲れやすい傾向があって、便が固くなり、便秘になりがちになります。
動揺に、ピッタタイプは、中肉中背のひとが多くて、知的で分析力にすぐれていて時間や規律に厳しく、やや攻撃的になりやすい傾向があります。
食欲は旺盛で排出はやわらかめの傾向があります。
カパタイプは、一般的に体格が良くてふくよかなひとが多くて動作はゆっくりで、愛情が深く、めったに怒ることがなく安定しています。
美食家ですが、強い空腹感はありません。体質はこのようにヴァータタイプ、ピッタタイプ、かパタイプのほかに、ヴァータとピッタタイプ、ヴァータとカパが強いヴァータ・カパタイプ、ピッタとカパが強いピッタ・カパタイプそしてヴァータとカパのすべてが強いヴァータ・ピッタ・カパタイプのぜんぶで7つあります。
あなたもこの7つの体質のうちのどれかに属しています。
じぶんの体質がわかってじぶんの考え方や行動の傾向がわかると、さらにいろいろなことがなっとくできるようになっていきます。